お腹が減ると口臭が気になるのはなぜ?

口臭が気になている方で、食事の前のお腹が減っている空腹時に口臭を感じている方はいますか?実は空腹時は口臭がきつくなると言われています。その理由をご説明していきます。

口臭は口内の雑菌の繁殖が大きな原因となっています。口臭を防ぐ最も身近なものは唾液です。唾液には口内を清潔に保つ働きがあり、口臭対策に必要不可欠な存在です。その唾液が一日の中で減少する時間帯があります。「睡眠時と空腹時」です。寝ている間は唾液の分泌量が減少します。そのため、朝起きたときに口内が不快な感じになります。空腹時も同様で唾液の分泌量が減り、口臭を感じるのです。

これらの口臭は生理的口臭とよばれ時間の経過とともに治まってきます。あまり心配せずに、食事を摂ったり水分を補給するようにしてください。物を食べれば自然と唾液が出ますし、唾液の素は水分ですのでこまめな水分補給も効果的です。

朝一番の歯磨き!口臭を改善するための一日の始まり

一日の中でもっとも口臭がきつくなるのはいつだかご存知ですか?答えは朝一番に起きた時です。朝起きた時は口の中が粘ついていて気持ちが悪いと感じている方も多いと思います。その時が一番口臭がひどい状態です。

口臭を改善するために必要不可欠なものがあります。それは唾液です。唾液には口の中をきれいに清潔に保つ働きがあります。口臭は口内の雑菌の繁殖が大きな原因となっていますので、唾液がたくさん出ていると口臭も減ってきます。赤ちゃんがいい例です。赤ちゃんはよだれがたくさん出ます。そのため雑菌の繁殖が抑えられ、口臭はほとんどしません(産まれたばかりの赤ちゃんの口の中は無菌状態ということも関係していますが)。

寝ている時は唾液の分泌量は極端に減少します。そのため、寝ている間は口内の菌が増え放題となっており、起きた時にひどい口臭となるのです。そのため、朝起きたら歯磨きをしてください。口内で増えた菌を一気に洗い流してしまってください。起きた直後の口臭を治すのはなかなか難しいですが、起きてからすぐに歯磨きをすれば、学校や会社で口臭を気にする心配もなくなります。歯磨きができないという方は、最低でもうがいはしてくださいね。